料金表

保険診療と自費診療の違い

とも歯科クリニックでの治療は、保険診療と自由診療(自費診療)があります。
治療前に患者さまのご要望をお聞きし、患者さま一人ひとりにとって最適な治療を行えるようにしておりますので、お気軽にご相談ください。

保険診療とは
国が定めた材料と治療方法の範囲内で行う治療で、同じ内容の診療であれば他医院と違いはなく、日本全国同一料金です。
むし歯や歯周病などの治療は可能な限り保険診療を行いますが、全ての治療が保険でできるわけではありません。
自由診療とは
保険診療適用の範囲外の材料や技術を使う治療を自由診療(自費診療、保険外診療)といいます。保険診療上の制限はなく、目的に合わせて最適な材料と治療技術を使い、機能性や審美性を重視することのできる治療のことです。

料金表

ホワイトニング(上下両あごでの価格です。)

※価格は税別表示です。

オフィスホワイトニング(基本プラン)
歯科医院にて行うホワイトニングです。
3回を1セットとして、3セット行います。
¥24,500
オフィスホワイトニング(ライトプラン)
歯科医院にて行うホワイトニングです。
学生の方限定で、3回を1セット行います。
※学生以外の方も、ホワイトニングを維持するために3ヶ月毎のメインテナンスとホワイトニングを行う場合に適応されます。
¥12,000
ホームホワイトニング(カスタムトレー含む)
ご自宅で行えるホワイトニングです。1日1時間で、約2週間分。
オフィスホワイトニングの後にご自身で定期的に行えば、白さをより長く維持させることができます。
¥15,000
プラチナ7Daysシステム(オフィス1セット+ホーム7日間)
オフィス1セット+ご自宅でのホワイトニング7日間で、オフィスの基本プランと同等の白さを手に入れることができます。
¥24,500

医療費控除

医療費控除とは、自分自身や家族のために医療費を支払った場合に受けられる、一定の金額の所得控除のことです。医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高200万円)です。

医療費控除額(最高200万円)=(支払った医療費の額ー保険金などで補てんされた額)ー10万円 「※※所得金額の合計が200万円未満の人は、所得金額の5%になります。」

例) 課税所得金額が500万円の人の場合、
扶養家族である子供の矯正治療費に年間90万円かかったならば、
医療費控除額=90万円10万円80万円×税率30%=24万円
つまり、矯正治療に費やす費用は実質、90万円24万円66万円で済んだことになります。
医療費控除の税率と医療費の軽減額はこちらの表をご覧ください。

課税所得金額 税率
所得税+住民税
医療費(円)
50万円 70万円 90万円 110万円 130万円 150万円
~195万円以下 15% 60,000 90,000 120,000 150,000 180,000 210,000
195万円超~
330万円以下
20% 80,000 120,000 160,000 200,000 240,000 280,000
330万円超~
695万円以下
30% 120,000 180,000 240,000 300,000 360,000 420,000
695万円超~
900万円以下
33% 132,000 198,000 264,000 330,000 396,000 462,000
900万円超~
1800万円以下
43% 172,000 258,000 344,000 430,000 516,000 602,000
1800万円超~ 50% 200,000 300,000 400,000 500,000 600,000 700,000

診療案内

歯を守りたい方

  • 予防歯科
  • マタニティ歯科

歯を治したい方

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 口腔外科

歯を失ってしまった方

  • 義歯(入れ歯)
  • インプラント

歯をキレイにしたい方

  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 衛生管理について
  • 歯科用CTについて
  • 当院からのお知らせ
ページの先頭へ